• Blog

    ラジオ小噺

    ゴンノスケです。

    先日発表した『ラジオ少年は無重力の夢を見るか』について、ちょっとだけ小噺を。

    image (1)

    歌詞のイメージは、実はラジオというよりはアマチュア無線です。

    パソコンやインターネット、携帯電話が普及した現代ではあまりご存知でない方も多いかもしれません。

    顔も知らない遠くの人と電波だけでやり取りをする、それがアマチュア無線です。ものすごいざっくり言うとw

     

    僕の父もやはりアマチュア無線をしていて、今回制作に当たって取材をしてきました。

    取材と言っても、お酒を飲ませて上機嫌になったところでそれとなく無線の話を持ちかけただけなので、本人は取材だと気付いてないかもしれませんがw

    その中で、顔も知らぬ人と交信することの楽しさ、緊張感、高揚感、そしてそれを自分の無線技術でやってのけることのワクワク感を嬉々として語る父に、僕は少年の心を見たような気がしました。

    今の日本の技術というのは、そういった「楽しみ」が原動力になって、生み出されたものが沢山あると思うのです。

    やはり、作っていて楽しい、やっていて楽しい、自分が好きだと思えるものでないと、長続きはしないのだと思います。

    image (3)

    曲の後半、楽器の音がすっと消える場面がありますね。あそこで何か言っているのを、皆さんは聞き取れましたか?

     

    実は「ジェイオーゼロワン、MIKU」と言っています。

     

    あれは実はラジオ用語で言うところのコールサイン。JはJapan、Oは発声確認のためのO、01は本来日本の各都道府県を表す数字1~47に準じてつけられる数字。

    そしてその後ろのアルファベットは・・・皆さんもう察しがついてますよねw 僕にしては珍しく、彼女のことをテーマに作りました。

    ラジオを聴いてたら急に不思議な音楽が鳴り始めたらいいなあ、ロマンがあるなぁ、と思っていたらこういう歌詞になりましたw

     

    今日はこんなところで。皆さんもラジオ、聴いてくださいねっ!

    This Post Has 0 Comments

    Leave A Reply